So-net無料ブログ作成

久々に割りばし鉄砲など作ってみる [懐かしく思えるもの]

割りばし鉄砲、子供の頃はよく作ったものでした。

材料も割りばしと輪ゴムがあれば簡単に作れ、テーブルの上に人形やマッチ箱を置いて射的遊びをよくやったものです。

今の子供はそんな遊びしませんよね・・・ もっとも教えてあげなければ知らないのですから仕方ありませんが。
今回小生が作ってたら子供たちも興味深々で一緒に作り始めました。

基本的な材料は、割りばし3食分、輪ゴム7本+弾用数本。

DSCN4672.JPG


3本はそのままの長さで、2本はグリップ用に2/3くらいの長さに、1本は引き金用に1/3くらいの長さに(後からでも切って調整できます) そして固定用に短く2.5センチくらいのを2本作ります。
ハサミで何回もキュッキュッキュッとやれば切れます。

DSCN4673.JPG


そのままの長さの割りばしを写真のように、固定用に切った短い割りばしを使って輪ゴムで留めます。

DSCN4674.JPG


真ん中の割りばしの終わりの部分よりやや上の辺りも、同じように固定して留めます。
今度は後から輪ゴムをグルグルして、引き金がくる部分まで持っていきます。
そこに引き金用割りばしを通すのですが、下から輪ゴムの中を通してやると、ゴムの力で引き金が戻るようになります。
同じように輪ゴムをグルグルして後から、引き金がずれないように引き金の後までもっていきます。

2/3に切った割りばしでグリップ部分を作りますが、さっきと同様に輪ゴムをグルグルして先に通しておくとやり易いです。
そこに下から、それぞれ逆の力が働くように輪ゴムの中を通します。
そうすることによって、上の部分が縮まる(狭まる)のを防ぎます。

最後にグリップの下の部分を輪ゴムでグルグルして完成[晴れ]
おっとあぶない、銃身の先っちょ、輪ゴムが掛かりやすくなるよう、カッターで少し溝をつくってあげて、これで完成~

1.jpg


さぁ、撃ってみましょう。

2.jpg


楽しい~[るんるん]


慣れてきたら、こんなのも作ってみましょう[ひらめき]



できね~よ[exclamation×2]




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

親知らず

楽しいを超えて感心しちゃいました。
添付画像の連射式には感動すら覚えます。
288本のゴム、FDへ連射、そりゃ数打ちゃ当たるだろう、と思いますが
それは技なんですか?・・・ってね。
Gパンに燕尾服の組み合わせも不思議だし、外国の住宅事情でも
キッチンから発射しないと距離が稼げないのね?って所も笑えます。
イマドキFDってなかなか見なくなりましたねぇ。
で?やまべぇさんも、これを超える試作品を製作中とか?
by 親知らず (2009-11-29 09:23) 

やまべぇ

親知らずさん(^_^) いっぱいコメントありがとうございます~
部屋の中にハエとか入ってきた時奥さんがハエ退治して~って言いますが、僕はよくゴム鉄砲で狙います(笑) そんなことしてないで早く捕まえてよ!って怒られますが^_^; あれだけ連写すればさすがのハエもお陀仏かと(^。^)
ただその後部屋中の輪ゴムを拾うの大変ですけどね(^_^)

僕も器用なんで作れなくはないですが、それを作る時間考えると他にすることあるだろ!って事で製作はしていませんです(^_^)
by やまべぇ (2009-11-29 15:04) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。