So-net無料ブログ作成

あき子の涙は忘れない [猫 犬]

もぅ15年以上前の話ですが、あき子と言う猫がいました。
この子が来る前に、夏に捨てられてたのを拾ってきて、なつ子と名前をつけた猫がいたのですが、
この子は秋に拾ってきたんであき子と付けたのです。
小さな公園のフェンスの向こう側、用水路とフェンスの狭いスペースで、か細い声をふりしぼっって、必死で鳴いてました。
夜だったんですが、僕はフェンスを登って反対側の子猫を手にとると、そのまま家に連れて帰りました。
手の平に乗ってしまうほどの子猫。 お母さんの元から離され、あんな所に置き去りにされて・・・
お皿に牛乳を入れてあげましたが、まだ上手に飲むこともできない小ささ。
それでもすくすくと元気に育っていきました。

P2230013.JPG



前から僕の部屋に居たなつ子にくっつかって歩き、なつ子もとても性格の良い優しい猫だったので、嫌がることなく面倒みてくれました。
あき子の性格はと言えば、とても繊細で、神経質で、おとなしい猫。 あまり外遊びもしないで、とてもおりこうな子。 家の中でも、親父や母親じゃなく、僕じゃなくてはダメな子でした。

P2230010.JPG

あき子と黒べぇ
(黒べぇは3度死ぬ  http://10karadeyamabe.blog.so-net.ne.jp/2009-11-22


数年が経ち、我が家に新しい子猫が2匹来ました。
その2匹の子猫達は、あき子に遊ぼうよ~って寄っていくのですが、あき子はそれに応えてあげる事ができませんでした。
それまで一緒に布団に入って寝てましたが、子猫達が来てからは、子猫達が布団の上で寝るようになってしまい、あき子は別の箱の中で。。。
同じように可愛がっていたのですが、子猫のが小さいから可愛いなんて事は絶対になかったのですが、あき子は繊細だったため、とてもストレスがたまっていたと思います。

僕はその頃結婚し、家を出て行く事になりました。
子猫達は僕の部屋でそれまで通り過ごしていましたが、なつ子はダメでした。
夜はどこで寝てたのか分りませんが、昼間もどこかへ行ってしまい、ご飯だけ食べに帰ってきました。
ニャーニャーと大きな声をあげながら帰ってくると、大好きなさざ波ちらし(カニカマ風)を混ぜてあげると、ごろごろと喉を鳴らし、貪るように食べてました。
そして目から、大粒の涙がポロポロとこぼれるのです。
毎日毎日、大粒の涙をこぼしながらご飯を食べ、食べ終えるとまた急ぎ足でどこかへ行ってしまう。
とても心が痛かったです。 あの涙は、嬉しくて? 悲しくて? 猫も人間みたいに感情で涙を流すんですよ!

そのうちご飯を食べに来ることも少なくなり、来ない日もあるようになってきました。
ある日近所の塀の上にいるあき子を見つけ、名前を呼びました。
呼びかけには返事してくれますが、下りて寄ってきてはくれません。
別の日はあき子を捕まえ、家に連れて戻りましたが、ご飯をあげるまでもなく、逃げるようにすぐ行ってしまいました。 とても心が痛みました。 あき子だけを可愛がってあげてたら、こんな寂しい気持ちにしないであげれたのに。 結婚して家を出てなかったら、もぅ少し違ってたかもしれないのに。 2匹の子猫を飼わなければ、ずっと家に居ただろうに。

あき子はその見かけた塀の近くの家で飼われていたことがその後分りました。
その家にも元々猫がいたのですが、この子とは大丈夫だったようで、いつしか部屋の中にもあがり、家族として迎い入れられたようです。
僕はあき子の大好きだったペットフードや、さざ波ちらしを買って、あき子をお願いしますと挨拶に行きました。
そしてあき子はその家でも、あき子と呼ばれるようになったみたいです。

うちで飼ってた猫はどの猫も、死ぬ時は家に帰ってきてます。
よそで車で轢かれた猫も、最後の力で家まで帰ってきて、家で逝ってました。
その場で息絶えてしまった猫も、発見できてうちに連れて帰ってきました。
でもあき子だけは、そのお世話になった家で亡くなりました。
もぅうちの猫でなくなってしまったので、仕方ない事ですが。。。

今でもあき子のあの大粒の涙は忘れる事がありません。
あき子はその家で幸せに、可愛がられていたと思いますが、僕の事を忘れないでいてくれたでしょうか?
ほんとうに悲しい思いをさせてしまって、寂しい思いをさせてしまって、心が痛みます。
あき子、また生まれ変わって、またうちにおいで。。。
でも人間に生まれ変わって来ちゃダメだよ、おとうちゃん、もぅ結婚しちゃってるから。。。


P2230007.JPG

(犬 モモコ   キジトラ メグミ  子猫 あき子  手前 なつ子)


他の猫記事  みぃ太郎とコタロウ  http://10karadeyamabe.blog.so-net.ne.jp/2010-01-30-3

タグ: ペット
nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 10

親知らず

ううぅ…。朝っぱらから泣いてしまいました。
猫の多頭飼いは、相性が鍵の様ですね。
あき子ちゃんが、自分で選んだ選択肢ですから
幸せだったと思う事にしましょう。
by 親知らず (2010-02-24 08:08) 

pn

俺も泣いた。

by pn (2010-02-24 09:58) 

やまべぇ

親知らずさん(^-^) ありがとうございます。
動物、気持ち分かってあげてるつもりでも、言葉が通じないですからね・・・
もぅずいぶん昔の話ですが、あき子が死んだのついこの前のように思えるくらい、思い出してしまいました。
by やまべぇ (2010-02-24 14:45) 

やまべぇ

pnさん。 ありがとうございます(^_^;)
僕も記事書きながら、想いがこみ上げてきてしまいました。
自分を1番好きで信頼してた子を、守ってあげられなかったのはツライですよ。。。
by やまべぇ (2010-02-24 14:48) 

olived

泣けました。
新しい飼い主さんもやさしい方だったのでしょうね。
やまべぇさんがつけた名前を引き継いでくれましたしね。
あき子ちゃんは二人の心やさしい飼い主さんに出会えて幸せだったと思いますよ。
by olived (2010-02-24 18:00) 

やまべぇ

olivedさん(>_<) ありがとうございます(^'^)
動物飼ってるとこんな事沢山ありますです。。。
死別も悲しいですしね。
でも、助けられる命は助けてあげたくてね^_^;
1度は家に帰っても、気になって夜にまた見に行ったりして、結局連れてきちゃいます^_^; 縁があったんだと思ってね(^。^)
by やまべぇ (2010-02-24 18:21) 

kenzi-k

(T.T )( T.T)オロオロ・・・・・やまじゃ~~ん(洪水)。。。。

この記事リンクして紹介していい??ダメ?
by kenzi-k (2010-02-24 22:12) 

やまべぇ

kenちゃん(>_<) ありがとう、僕ももらい泣き?
人間に生まれ変わってきたらどうしよう・・・
そん時は相談するね(^'^)

リンク、全然OKよ、あんがと(^。^)
by やまべぇ (2010-02-24 22:58) 

びっけ

あき子ちゃん、本当に やまべぇさんのことが好きだったのでしょうね。
猫が涙をぽろぽろ こぼす・・・あき子ちゃんのせつない気持ちに もらい泣きしました。
(;_;)
あき子ちゃん、今も、やまべぇさんのそばで見守ってくれているような気がします。あき子ちゃんにnice!です。
by びっけ (2010-02-25 21:05) 

やまべぇ

びっけさん、ありがとうございます(>_<)
僕も幼い頃から何匹も猫飼ってますが、涙を流す猫はあき子が最初で最後です。
しかもほんと大粒の涙で、零れ落ちてご飯にたれるんですよ。。。

あき子、僕の傍にいますかね(^。^) あたたかいお言葉、ありがとうございます♪
by やまべぇ (2010-02-25 21:16) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。