So-net無料ブログ作成

パイク - ヒカシュー [Jukebox]

1980年代、ニューウェーブ、テクノポップと言うジャンルが産まれ、YMOを筆頭にたくさんのテクノバンド?が出現しました。
YMOの完成された音楽性はさまざまな音楽に影響を与えるほどでした。 たぶん。。。
まぁいずれ載せたいと考えていますが、今回はマイナーどころでヒカシュー[ひらめき]
はっきり言って僕にはよく分らん音楽でしたが、映画オカルト映画チェンジリングではテーマソングとしても使われてたパイク
まずは聴いてください。 (お気軽に途中で止めてください 笑)




何でしょうかこのボーカルは、エスパー伊藤?のような?
今で言うならお笑いの春日みたいな・・・

はい、今日はタダのネタでしたね、お口直し、いや、お目目直し、お耳直しでジューシーフルーツも載せましょう~♪ (こちらもどうぞお気軽に途中でお止ください。。。)




この頃僕は中学3年生くらいだったかな?
YMOでは増殖と言うレコードが面白くて、よく聴いてました[るんるん]

シーナ&ザ・ロケットなんかも良かったですね~
シンセザイザーも欲しくて、学校帰りにYAMAHAのお店に寄ってよく眺めてました。




ぼっきらな終わり方ですが、もぅこんな時間ですので(笑)



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。