So-net無料ブログ作成

愛と誠 [懐かしいドラマ]

はい、先週の早乙女愛さんの記事で少し触れましたが、みなさんは昔テレビで放送されてた愛と誠を覚えてますでしょうか? また観てましたでしょうか?

確か土曜日の夜10時30分くらいから12チャンネルで放送されてたような記憶があるのですが、当時僕は小学4年、5年、そこらへんだったと思います。
土曜日は日本昔話診てクイズダービー、そして8時からは全員集合、これはお決まりですよね! で9時からG’メン75を観るのですが、小学生にとってここらの時間帯からかなり苦しくなってきてまして、観たいんだけどG'メン観ながら寝てしまった事もたびたび。。。
でもほんと好きでしたね~
学園物でありながら暴力的な描写、かなりショッキングで、でもかっこいいし、わくわくドキドキしながら観てました。

元々は少年マガジンに連載されてた漫画ですね。 巨人の星の梶原一騎原作、ながやす巧が画を描いてました。 漫画は読んでませんでしたが、床屋とかでコミック読んだりの覚えはあります。 これがまたバイオレンスで凄い内容なんですよね~
劇場版の映画では、って言っても元々が映画として作られたのが先なのかな? 太賀誠を西城秀樹、そして先日も描きましたが早乙女愛がそのまま芸名を早乙女愛になったきっかけの記念すべきデビュー作品です。

テレビでは太賀誠を夏夕介さん、そして早乙女愛役を池上季実子さんが演じてました。
夏夕介さんはとてもカッコ良く、西城秀樹よりいい!って気がしてましたが、子供にはまだ池上季実子さんの良さ、可愛さが理解できず? タレ目でへんな顔、なんかイメージ違う・・・って思ってました。(池上さんゴメンなさい! 今は素敵ですよ~ )

前置きはこれくらいにしまして、テレビドラマ愛と誠 ~純愛山河~ のOPをどうぞ!
当時の不良、凄いです! クローズZEROと対決させたらどっちが強いだろう・・・ まぁそんなこたぁどうでもいいですね(笑)




どうでしょうか!

このドラマでは、不良学園を支配する影の大番長の高原由紀、大賀誠を愛する早乙女愛に対し、一途なまでの想いを寄せる岩清水弘
ただの暴力映画、ドラマではなく、悲しいまでの真実の愛の人間ドラマ、そんな想いで小学生の僕は観てましたね[ぴかぴか(新しい)]
石清水くんが早乙女愛に行ったセリフ、”早乙女くん、君のためなら死ねる・・・” なんかも流行った覚えがありますよね!

このテレビ版の純愛山河はDVD-BOXが出てるんですよ~ でも2万しちゃうんです。。。
レンタルには置いてないし、正月にでも懐かしんで一気に観たいなぁなんて毎年思うのですが、2万の出費、なかなか思い切れません。。。




タグ:愛と誠

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。