So-net無料ブログ作成

裏切りの街角 - 甲斐バンド [Jukebox]

はい、まったくもって久しぶりのJukeBoxです~♪

ここ数日だいぶ冷え込んできて、晩秋、そして11月を目前にしていよいよ冬の到来も感じます。
で、僕がこの時期に想いだすのが甲斐バンド[ひらめき]
高校生の頃大好きで、当時発売されてたレコードはすべてカセットに収めよく聞いてました。
バンドと言ってもジャカジャカのロックではなく、フォーク色の強いロックですよね~
歌詞も、ほろ苦い青春を感じさせるような、そんな感じがします。

好きな曲、紹介したい曲はたくさんありますが、まずは1975年にリリースされた2edアルバム【英雄と悪漢】から裏切りの街角を♪




画像とこの歌、凄くマッチしてると思いませんか?
もの悲しく切ない歌詞とリズム、青春と呼べる時代の真っただ中、歌詞と自分がシンクロする部分を噛みしめ、好きな彼女の事を想い薄暗い部屋で遅くまで聴いてました。。。


甲斐バンドはライブも凄いパワフルで人気のようでしたが、僕は(ライブに行った事ないので書くのもおかしいですが)オリジナルのままの楽曲をレコードでしっくりと聴くのが好きです。

さて2曲目ですが、こちらも【英雄と悪漢】からかりそめのスウィング♪を
ギター、バイオリン、ベースと言ったシンプルな楽器での演奏、大人のロックと言った気がします。
こちらは映像はいりません、クリアな音質でお楽しみください。




この曲を知らなかった人、また甲斐バンドをそんなに聴いた事のなかった人も、この時代を感じる、古いロックを感じるかりそめのスウィング、気に入っていただけたと思います♪
そして先に紹介しました裏切りの街角は2ndシングル、かりそめのスウィングは3ndシングル、裏切りの街角のヒットの後のシングルになりますが、2匹目のドジョウは狙わないとがらりと変えた楽曲になってますね[ひらめき]

1975年、昭和50年ですかね? いい時代でした。。。






タグ:甲斐バンド

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。