So-net無料ブログ作成

凸凹バイカーズ 第二回キャブ祭り開催~   前編 [バイク遊び]

はい、第一回は先週早さん宅で行われましたが、僕は子供会のクリスマス会とか用事があり、午後から参加、すでにキャブ祭りは終わっていて(朝8時からやってたようで 笑)、僕のジョグはとりあえずプラグ確認のみで終わってしまいました。。。 不満~(笑)
パフォーマンスフィルターに変えた事もあり、メーカーではメインジェットの番数も上げたのがいいケースもあるとの事でしたので、さらにその1週間前にプラグ確認したところ黒く塗れてたのは前回書きました。
エンジンが温まる前に全開走行するとそうなる場合もあるようですが、とにかく番数高いのか?と元々付いてたプラグ#4に交換した事も書きました。 しかし純正は#7が付いてるはずなのに、何故#4だったのか、今でも謎に包まれています。
#4番、そんな低速で走ってたのか? いずれにせよ僕がそんなプラグで乗ってたらたちまちシリンダーヘッドに穴を開けかねません。。。 って事で純正で付いてたはずの#7を購入し1週間付けて走ってました。
その確認です(^_^)
う~む、まぁそこそこキツネ色に近いけどもうちょい焼けててもいい感じ? そんな訳で結局最初に買ってつけてたイリジウムの#8番に戻しました[晴れ]


さて、今回のキャブ祭りはうちの工場で行いました♪
薪ストーブで暖を取り、コンプレッサーのエアーも当然あります(^_^)

今回僕のジョグZRは、キャブの前にまずクラッチを交換[晴れ]
前回クラッチスプリングのみ強化のやつに変えたけど、かなりアクセル開けないとスタートしません!
ってか、高回転(パワーゾーン付近)で繋がるので力強いスタートダッシュができるパーツなんですが、信号待ちで止まってる時もアクセルを開けてるような状態でうるさいし、乗りずらいです。。。
フィーリングより乗りやすさ、って事で元に戻してしまいました。 (まぁ付けたらどうなるってのが身を持って体感できたので良かったですが、数百円の安いパーツだし)

しかしクラッチシューは減ってるし、センタースプリングも熱ダレで錆びてへたってる感じだったので、クラッチセンタースプリング純正品の新品に交換です[ひらめき]


すっかり慣れてしまいましたクランクケースを開け、まずはクラッチアウターを外します。

DSCN0185.JPG



で、クラッチを外すのに、これも専用の工具があるらしいのですが、なんとかなるだろうと考えていましたが、ちょうどいいスパナが無い(汗) モンキーも微妙~に足りない。。。

DSCN0186.JPG



で、モンキーの口をサンダで擦っちまうべと[ひらめき]

DSCN0187.JPG



そこに早さんが遅れて登場し、パイプレンチで一発でガツンとやったのがいいと[ひらめき]

DSCN0195.JPG

モンキー無駄に削ったようです(笑)


センタースプリングがボヨヨ~ンと勢いよく外れるので慎重に外します。

DSCN0188.JPG



購入したおNEWの純正品と比べると、へたり具合が一目瞭然です。

DSCN0190.JPG



クラッチも、シューがかなり減って割れて、淵のが高くなってました(汗

DSCN0192.JPG



さて新品は~

DSCN0193.JPG



クラッチアウターパーツクリーナーで洗浄し・・・

DSCN0194.JPG



元に戻して終了~♪

DSCN0196.JPG



せっかくなので、プーリークラッチ駆動系動画を♪




まさむねさん!!! 時折Vベルトがたわむのって、どうなんでしょうか? なんか変?? それともいいのかな???

後編につづく・・・




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。